寝付きを良くする方法

寝付けないととんでもなくストレスが溜まる・・・

明日に備えて寝ようとか寝たいとか思っているのになかなか眠れない時ってありませんか?

 

 

睡眠に関する悩みというとまとめて不眠症みたいな括りにされたりするわけですが、
僕が以前から悩まされていたのは寝付きが悪いということでした。

 

 

ちなみに不眠症の定義というのもちょっと曖昧である程度の期間続いて日中の生活に支障をきたす
ようになってくると不眠症ということになるのだそうです。

 

 

不眠症には種類というかタイプみたいなものがあります。

 

入眠障害
熟眠障害
中途覚醒
早期覚醒

 

 

こんな風にタイプが分かれていて寝付きが悪いというのは入眠障害に分けられます。
不眠症の中でも最も多いタイプがこの入眠障害なのだそうです。

 

 

僕の場合はそんなに常に眠れないとかではなくて1ヶ月に数回どうしても眠れない時がありました。
それぐらいの頻度なら「我慢すれば?」と思われるかもしれません。

 

 

ただ眠ろうと思っているのに眠れないというのは相当ストレスが溜まるものです。
こんなのが不眠症と言われるぐらいの頻度で起こったらフラストレーションが爆発するだろうと思います。

 

 

こんな日が来る度にこう思うわけです。
「横になっているだけのこの無駄な時間ってなんて勿体ないんだ・・・」と。

 

 

体感したことがない人はわからないかもしれませんが、疲れていないとかそういうわけではないのです。
普通にいつも通りであれば問題なく眠れているような体のコンディションなのに眠れないわけです。

 

 

そして僕が最もストレスを感じるのが次の日です。
ある程度寝ることを諦めようかなと思った時ぐらいから徐々に眠気が出てきて、
昼間の仕事をしている時なんかはもう「5秒でも目を閉じれば立っていても眠れます!」みたいな状態。

 

 

おいおい、こっちは寝る時間確保してるんだからその時にこの眠気来いよ!!」という感じです。

 

 

後から調べたことなのですが、こういう状態が続いてしまうと「今日もまた眠れないんじゃないか?」という
予期不安に陥ってさらに眠れない状態が続き本格的な不眠症になってしまうこともあるようです。

 

 

僕の場合はその次の日というのは眠気がピークになるので問題なく眠れました。

 

 

なのでそんなに重症ということではないとなんとなく感じていましたが、
こういう日が一日でもあるとかなりのストレスになるので寝付きを良くする方法を調べました。

寝付きを良くする方法を調べてみました

快適な生活を手に入れるために「なかなか寝付けない日」を無くすという目標を掲げた僕は
寝付きを良くする方法というのをいろいろと調べてみました。

 

 

どこかで聞いたようなことがあることもいくつか出てきたわけですが、多かったのは
「眠りを妨げる行動を無くす=寝付きを良くする方法」となっているパターンでした。

 

 

眠りを妨げる寝る前の行動というと、テレビや携帯機器、パソコンなどのブルーライトを浴びる行動だったり、
高温のお風呂に入らないとか食べ物を食べないという行動ですね。

 

 

なんでもブルーライトを1分見るのはコーヒー1杯分と同じぐらい睡眠を妨げる効果があるんだとか。
そんな感じで「眠りを妨げる行動を無くす=寝付きを良くする方法」を見ていたのですがここで問題が・・・

 

 

そもそも僕は眠りを妨げる行動を全くと言っていいほどしていなかったのです。

 

「一般人の寝付きの悪いというレベルと自分のレベルは違うのか?」なんて思い始めながらも
さらに寝付きを良くする方法を調べ続けました。

 

 

日記を書きましょう・・・考えていることを書きだしましょう・・・瞑想しましょう
ストレッチしましょう・・・本を読みましょう・・・癒しの音楽を流しましょうetc...

 

これらの方法を全部実行すればぐっすり眠れるようになるでしょう!!

 

 

「くだらね〜」

 

そんなんで眠れるようになったら苦労しないわ!」とパソコン画面に怒りすら感じる始末です。
僕が探し求めているのはそんなくだらない方法ではありません。

 

 

もっと睡眠を掴み取りにいくような攻めの方法が知りたいのです!!

寝付きのいいシチュエーションを考えてみた

そんな寝付きの悪い僕でも一応自分の中でこれをすると眠くなるというのがいくつかありました。
それが、お酒を飲んだ時と薬を飲んだ時です。

 

 

まあどちらもよく言われていることですが、このシチュエーションの時はほぼ眠れます。
よく寝酒なんて言われますが酒を飲むと起きていたいと思っているのに眠くなる始末です。

 

 

しかし、寝酒も一杯とかスマートに飲んですぐに眠れればいい方法だと思うのですが、
結構な量を飲まないと眠くなる状態には持っていけず下手をすると二日酔いになったりします。

 

 

さらにこれも実感することなのですが寝酒をして寝ると確実に途中で起きます。

 

 

調べたところによると寝酒は入眠効果はあるみたいですが眠りの質は低くなるので疲れが抜けなかったり
途中で起きてしまう中途覚醒という不眠症のタイプの一つでもある状態に陥りやすいそうです。

 

 

なかなかこれを日常で続けるというのはちょっと難しいような気もします。

 

薬に関しては風邪薬とかは眠くなると言われますし実際に飲むと眠くなりますよね。
ただ風邪でもないのに薬飲んでいいものか?という話です。

 

 

そもそもそれだったら病院いって睡眠導入剤とか睡眠薬貰ったほうがいいのではないかと・・・。
これも調べてみると副作用がどうとか不眠を加速させるとか結構ネガティブな情報が多かったです。

 

 

さらに付け加えると僕は病院嫌いです。
よほど深刻な状態であれば行くかもしれませんが、今ぐらいの状態で病院に行ってズルズルと
軽い不眠症みたいなのを引きずりたくないわけです。

 

 

というわけでこれも断念したわけですが、なんとなく対策としてはこういうのが望ましいわけです。
どこかの噂話レベルの寝付きを良くする方法ではなくしっかりとした対策が・・・

試行錯誤している時に見た衝撃的な番組

飲み物とか薬系の話でいうとホットミルクを飲むと寝付きが良くなるって聞いたことありませんか?
僕も小さい頃に聞いたことがあって確かに気持ちが落ち着くような気がするなと思っていました。

 

 

そこでとりあえずホットミルクを寝る前に飲んでいたのですが、これもまた偶然のタイミングでたまたま
テレビで睡眠に関する特集を見ていた時のこと、番組に出演していた専門家から衝撃の一言が!!

 

 

「ホットミルクを飲むといいと言われていますが、効果を感じるにはドラム缶1杯分は必要です!!」

 

 

ドラム缶1杯分???
マグカップ1杯分の間違いじゃないのかい専門家さん?

 

僕は静かに手に持っていたホットミルクの入ったマグカップをテーブルに置きました・・・

 

 

しかし、このテレビの専門家はしっかりとヒントを教えてくれました。

 

 

僕のような不眠症とまでは言わないけれど睡眠に不満を抱えている人のことを「隠れ不眠」とか「睡眠難民」みたいに呼ぶらしいのですが
最近とても増えていてそういった人達が満足の行く睡眠ができない大きな原因の一つにセロトニン不足というのがあるんだとか。

 

 

なんか聞いたことがあるようなないような名前・・・

 

 

その時の専門家の言っていたことをまとめると、
入眠にはメラトニンというホルモンの分泌が必要不可欠でそのメラトニンを分泌させるためには
メラトニンの材料にもなるセロトニンという物質が必要なんだとか。

 

 

でさらにそのセロトニンを増やすために必要なのが必須アミノ酸の「トリプトファン」ということです。

 

 

ホットミルクなんて飲んでいる場合ではありません(笑)
すぐにトリプトファンが含まれている食べ物とかをパソコンで調べました。

トリプトファンを摂取する!

トリプトファンについて調べてみたらどうやら肉類や乳製品に多く含まれていることがわかりました。
しかし、男の一人暮らしなので料理なんて一切しません。

 

 

1日約500〜600mgぐらい摂取するのが望ましいみたいですが、その量を考えると
ちゃんと計算しながら1日3食キッチリ摂らないと十分な量を摂取できないことも発覚しました。

 

 

何かいい方法はないものかと探していると結構その手のサプリメントがたくさんありました。
そこで価格だったりレビューとかをじっくりと比較して悩み抜いた結果コレを買ってみました。

 

 

他にも利用者の多いサプリメントにはこんな商品がありました。

 

休息サプリ ネ・ムーンプラス

 

月の休息

 

 

なぜマインドガードDXを選んだかというと、これまでに何度かサプリメントを飲んだことがあるのですが、
どうも錠剤になっているサプリメントだとあんまり効果を感じられないというか、
途中から何で飲んでいるのかわからないけど習慣化してしまうような気がしたからです。

 

 

もう一つは他のサプリメントは一見金額が安いように見えますが、ホームページのトリックみたいな
感じになっていて大きく表示されている価格は定期購入が前提となっていてそこに妙な怪しさを覚えたからです。

 

 

その点マインドガードDXは、パッと見の価格は他の商品よりも高く感じますが
使い続けたパターンと一度だけしか使わないパターンで緻密な計算をしたところ一回当たりが一番安かったからです。

 

 

そしてマインドガードDXを毎日飲んでいるわけですが今のところ寝付けない日はありません。
まだ全部飲みきっていないので断言することはできませんがかなりオススメです。

 

 

難点としてはノニというのがかなりの曲者なのか、原液のまま飲むと結構パンチが利いてます。

 

 

ホームページではジュースと割って飲んでも大丈夫と書いてあるのですが、
個人的にはソーダで薄めて飲むぐらいがちょうどいいような気もします。

 

 

まあ味覚は人それぞれなので自分なりの飲み方を発見できればいいかと。
もし今後マインドガードDXを飲んで寝付けない日があったらこのサイトで報告したいと思います。

 

 

こんなダラダラと長い文章をここまで読んでいただいたあなたの睡眠の不満が少しでも解消できれば嬉しいです。

 

 

ちなみに僕のような睡眠に対する不満レベルではなくて、完全な不眠症という人の場合はサプリメントじゃなく
ちゃんとお医者さんに行って睡眠薬を処方してもらったほうが良いということもあります。

 

 

念のため不眠症は入眠障害、中途覚醒、熟眠障害、早期覚醒が長引いて日中の活動に支障を
及ぼすようになったらと言われているので現在のご自身の状況から判断してみてくださいね。

 

 

>>>マインドガードDXの初回限定割引サイト<<<

 

マインドガード