不眠 原因

不眠の主な原因

十分な睡眠を摂ることができなければ日常においても支障がでてきたりするためにしっかりとした睡眠を摂りたいところですがいわゆる不眠症となってしまうと寝たくても寝付けなかったりふと目が覚めてしまったりあるいはちゃんと睡眠時間が摂れたとしてもどうにも寝た気がしないといったことになります。

 

こうした不眠症の直接的な原因としては様々なことが考えられますが環境、例えば枕が変わったりなど睡眠に入る時に周囲にあるなんらかが影響してしまい眠れないケースです。

 

次に薬物や嗜好品の摂取によるもの、コーヒーなどのカフェインを含んでいる嗜好品は覚醒作用があることが知られていますが眠る前にこうしたものを摂取してしまうと睡眠が摂りづらくなってしまいます。

 

同様にストレスなどから起因するものや精神的な疾患、または体調不良などなどがありまた人によってはこうした原因が複数考えられることも少なくありません。

 

最近ではスマートフォンが広く普及していますが眠る前にスマートフォンを操作することによって光が脳に刺激を与えこれも同様に不眠症を招くといわれているためなるべく眠る前には不要な刺激を避けリラックスするよう心がけてみましょう。